お問合せ

約款      (コロナウイルス)
  • お名前

  • メールアドレス

  • 電話番号
  • お問い合わせ内容
  • 送信

宿泊約款
  
第1条(本約款の適用)
1.当館の締結する宿泊約款及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定められていない事項については、法令または一般に確立された慣習によるものとします。
2.当館は前項の規定に関わらず、この約款の趣旨、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応ずることができます。
 
 第2条(宿泊契約の申し込み)
1.当館に宿泊申し込みをしようとする方は、次の事項を当館へ申し出ていただきます。
(1) 氏名、住所、年令、電話番号、性別、宿泊日、宿泊日数
(2) 外国人にあっては、パスポートのコピー
(3) その他、当館が必要と認めた事項
2.宿泊者が、宿泊中に前項第1号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申し入れた場合、当館はその申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
3.18歳未満(高校生を含む)のみのご宿泊は、保護者の許可が無い限りお断りいたします。宿泊には保護者の同意書がご宿泊者全員分、必要となります。
 
 第3条(宿泊契約の成立等)
1.宿泊契約は、当館が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当館が承諾しなかった場合はこの限りではありません。
2.前項の規定により宿泊契約が成立した時は、期間を定めて宿泊期間の宿泊料金を限度とする予約金の支払いを求める事があります。
3.前項の予約金は、第4条に定める場合には同条の違約金に充当し、残額があれば返還します。
 
 第4条(宿泊の拒絶および解除)
1.当館は、次に掲げる場合において、宿泊契約に応じないことや、宿泊中であっても宿泊を解除することがあります。
(1)満室により客室の余裕がないとき。
(2)宿泊の申し込みがこの約款によらないものであるとき。
(3)天災・施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることができないとき。
(4)他のお客様の迷惑となる行為と判断した場合。
(5)宿泊しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会勢力。
ロ)暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき。
ハ)法人でその役員のうちに暴力団員に該当するものがあるもの。
(6) 伝染病であると明らかに認められるとき。
(7)宿泊に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。あるいはかつて同様な行為を行なったと認められるとき。
(8) 宿泊に関し、法令の規定または公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあるとき。
(9)第3条第2項の予約金の支払いを請求した場合において期限までにその支払がないとき。
(10)当館が定める利用規約の禁止事項に従わないとき。
2.宿泊予約を解除したときは、宿泊者がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。ただし、宿泊者の行為により当館に損害等が生じた場合は別途損害賠償が請求される場合があります。
  
第5条(予約の解除)
1.宿泊者は、当館に申し出があれば宿泊契約を解除することができます。
 
2.当館は、宿泊者がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部または一部を解除したときは、次の項目に掲げるところによる違約金(キャンセル料)を申し受けます。
キャンセルポリシー
宿泊日の3日前に解除した時から、宿泊予約の全てに100%のキャンセル料金が発生します。
(宿泊日の4日前の23時59分59秒まではキャンセル料は免除されます。)
予約サイトによる特別キャンセルポリシーに対してはそれに準ずる
 
3.当館は、宿泊者が宿泊日当日の22:00(あらかじめ到着時刻が明示されている場合は、その時刻を2時間経過時刻)になっても到着しないとき、その宿泊予約は取り消しされたものとみなして処理することがあります。
 
 4.前項の規定により取り消しされたものとみなした場合において、宿泊者が事前連絡をしたうえで到着できなかった理由を説明し列車、航空機等の公共の運輸機関の不着または遅延その他により宿泊者の責に帰さない理由によるものであることを証明したときは、第2項の違約金を頂かない場合もあります。
5.キャンセル料金の請求は当館より振込み口座をメールで通知しますので一週間以内に入金をしなくてはならない。
再三の通知にも支払いの意思が無いと判断したときは督促状を出すことにより督促手数料として三千円を申し受ける事とする。
それでも支払いを拒否する場合は、警察に相談する為の事務手数料としてさらに一万円を申し受ける事とする。
 
 第6条(客室の利用時間)
1.宿泊者が当館の客室を使用できる時間は16:00から翌朝10:00までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、使用することができます。
2.宿泊者がチェックアウトしたのち、フリースペース等の客室以外にて、宿泊に相当する長時間の当館施設の使用が明らかな場合、相当の料金を申し受ける場合があります。
  
第7条(当館の責任)
1.当館は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊者に損害を与えたときは、その損害を賠償します。
2.ただし、それが当館の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
3.宿泊者が当館の利用規則に従わないために発生した事故に関して、その責任を負いません。
4.当館は、宿泊者に契約した客室を提供できないときは、宿泊者の了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。
5.当館は、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊者に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、当館の責めに帰すべき事由がないときは補償料を支払いません。
 
 第8条(宿泊者の責任)
宿泊者の故意又は過失により当館が損害を被ったときは、当該宿泊者は当館に対しその損害を賠償していただきます。
 
第9条(貴重品及び手荷物等の保管)
1.   当館は、フロントで貴重品及び手荷物等をお預かりいたしません。
しかし例外的にお預かりした場合並びに、滅失又は毀損等の損害について一切責任を負いません。
2.宿泊者がチェックアウトしたのち、宿泊者の手荷物又は携帯品が当館に置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当館は、当該所有者に連絡をするとともにその指示を求めるものとします。
3.ただし、所有者の指示がない揚合又は所有者が判明しないときは、発見日を含め7日間保管し、その後法令に基づき処理するものとします。
4.お一人様の荷物は合計二個までとする。
最大サイズH80XW57XD31cm(外寸)1個 シューズBOX内の保管場所
一般的な航空機内持ち込みサイズ1個 ベッド内に保管
二個を超える荷物の館内持ち込みは出来ません。
  
第10条(コンピューター通信の使用)
1.当館内でのコンピューター通信の利用に当たっては、利用者自身の責任において行うものとします。利用中のシステム障害その他理由によりサービスが中断し、その結果、利用者がいかなる損害を受けた場合においても、当館は一切の責任を負いません。
2.コンピューター通信の利用に際し、当館が不適切と判断した行為により当館及び第三者に損害が見込まれる場合又は生じた損害についてはその損害相当額を申し受けます。
 
第11条(利用規則の順守)
宿泊客は、当ホステルが定めてホステル内に掲示した利用規則に従っていただきます。
 
 第12条(本約款の変更)
この約款に定めのない事項及び営業を行う上で必要であると判断した場合には、事前に予告なく内容を変更することがあります。
  
利用規則
 
当館宿泊者、近隣住民の皆様の迷惑にならないよう、皆様の快適な滞在の為に、以下の利用規約を遵守いただきますようお願いいたします。
1.当施設での以下に定める行為は固く禁止しております。
(1 ) 契約人数を超えての施設利用
(2 ) 室内での喫煙は禁止致します。喫煙は定められた場所でのみ可能です。
(3 ) 施設内の設備及び諸物品の移動、加工、持ち出し、及び本来の用途以外の目的での使用
(4 ) 公序良俗に反する行為
(5 ) 浴室内での染毛・漂白剤等の使用
(6 ) 施設内でお香などを焚く行為
(7 ) 営利を目的とした活動
(8 ) 宿泊を目的としない利用
(9 ) 外来者との施設での面会。利用者以外の施設への立ち入り
(10 ) 泥酔者のシャワーの利用
  
2.当施設で以下に定める製品の持ち込みは固く禁止しております。
•動物、鳥類等(盲導犬等を除く。)
•覚醒剤、麻薬類等、法令により所持を禁止されている薬品類
•発火又は引火しやすい火薬や揮発油類及び身体に害を及ぼす危険性のある薬品
•暖房用、炊事用などの火器及びアイロンなどの持ち込み、及び利用
•許可証のない銃砲、刀剣類及びこれらの類似品
•著しく多量もしくは重量のある物品
•悪臭を発するもの
•ごみ及び施設の衛生を妨げる物品
•その他当宿が客室への持込みを禁止することとした物品
 
3.当施設にてお守りいただきたい事項
(1 ) お宿から外出される際は施錠をご確認ください。
(2 ) 消防用設備などへのいたずらは、安全の維持に支障が生じますのでおやめください。
(3 ) 高声、放歌、喧騒な行為、とばく、風紀、治安を乱すような行為はおやめください。
(4 ) シャワー及び洗面所のご使用後は必ず給湯水を止めてください。
(5 ) 夜8時以降は館内および玄関付近での大きな声での会話はお避け下さい。
  
4.当施設内の備品や所有物をお客様により破損、紛失された場合は同等金額を弁償頂く場合が御座います。
(1 ) 鍵の紛失、破損の場合は15000円弁償頂く場合が御座います。
(2 ) 寝具の破損並びに嘔吐汚れ等、通常使用不可能な場合は弁償頂く場合が御座います。
低高反発マットレス      7990円
防水シーツ          1990円
掛け布団           3990円
掛けカバー          1490円
枕               999円
配送料等           3000円
 
5.チェックイン、チェックアウト、時間外の料金いついて (特別リクエスト)
   特別リクエストは確約ではなくチェックイン時、チェックアウト時の状況により利用できない
場合があります。  追加料金(時間外料金)が必要となります。
(1) 原則チェックインは、16:00~22:00ですが、やむ得ない事情があり事前連絡があった
場合は9:00~12:00もチェックイン出来ることとする。
(2)   22:00以降のチェックインは、事前連絡があり状況が整えば、時間外料金の適用があります。
(3) 原則チェックアウト10:00ですが、延長を希望し状況が整えば、時間外料金を適用します。
(4) 時間外料金
レイトチェックアウト(お一人様)1時間毎500円(15時まで)
その他のチェックイン(お一人様)1時間毎1000円
   レイトチェックイン(お一人様)1時間毎1250円(深夜料金1.25倍)
24時以降はレイトチェックインは原則お受け致しません。
事前連絡があり特別な事情と判断した場合は、24時~24時半で1500円の超過料金となります。
ホステルは24時間受付をしないことにより、リーズナブルな料金を提供させて頂いております。
スタッフの残業代や帰りのタクシー代に充当しますのでご理解とご協力をお願い致します。
 
6.駐車場について
(1)普通自動車            駐車スペースはありません。
(2)自動二輪 原付バイク       16:00~翌朝10:00    
駐車スペースに止められると判断した場合は無料
(3)自転車(自転車に類する車両)   16:00~翌朝10:00    無料 
(4)  (2)と(3)で団体もしくは、大量の車両がある場合は有料駐車場に止めて頂く場合があります。
  
ご滞在中の貴重品等の滅失、毀損等によって生じた損害については、当宿は一切の責任を負いかねます。
 

■ コロナウイルスに関係する状況(2020年3月29日更新)
日本政府も2020年2月27日学校の休校(3月2日より)、イベント中止又は延期、不要不急の外出や移動の自粛を要請しております。
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は2020年3月13日、新型コロナウイルスによる肺炎について「欧州が今やパンデミック
(世界的大流行)の中心だ」と述べました。
お花見の時期を迎えた2020年3月26日、東京都知事の小池氏とその周辺自治体の長は、特に週末には首都東京への流入、
移動等不要不急の外出を控えるようにとの共同メッセージ発表しておりロックダウン(都市封鎖)の可能性も示唆している状況です。
公共交通機関も運休、欠航、減便のスケジュールも次々と発表されておりますので2020年4月1日からのご予約については
予約者ご本人の責任の元にご予約されたとみなし通常のポリシーに戻すことにします。
しかしながら、非常時と言う事もありますので柔軟に対応もしてまいりたいとも考えております。
キャンセルポリシーは、JAM HOSTEL約款の基本ポリシーと各予約サイトでのポリシーは異なりますので
ご予約されたポリシーのご確認をお願い致します。
PS.【返金不可プラン】は返金出来ない条件のもとに特別割引となっておりますので返金の対象となりませんが、
宿泊日の72時間前にお申し出を頂ければ同じ返金不可のプランへの宿泊日の変更はお受けしております。

私達宿泊施設もお客様のご不安に出来る限り対応してまいりたいと考えております。
不安を感じられるお客様はお早目に変更やキャンセル手続きの申告をお願い致します。

変更やキャンセル手続きの申告手続きの意思確認は予約サイトへの連絡時間または
メールの着信時間で判定させて頂きます。
jamhostel226gmail.com

厚生労働省 コロナウイルス相談窓口
0120-565-653 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■ コロナウイルスに関係する特別キャンセルポリシーの見直し(2020年3月13日更新)

私達宿泊施設もお客様のご不安に出来る限り対応してまいりたいと考えております。
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は2020年3月13日、新型コロナウイルスによる肺炎について「欧州が今やパンデミック
(世界的大流行)の中心だ」と述べた事を鑑みて、世界各国も対応と国民への周知をしている事と思います。
日本政府も学校の休校、イベント中止又は延期、不要不急の外出や移動の自粛を要請しており公共交通機関も運休、欠航、減便のスケジュールが
発表されておりますので2020年3月14日以降のご予約については予約者ご本人の責任の元にご予約されたとみなし通常のポリシーに
戻したいと考えております。
しかしながら、非常時と言う事もありますので柔軟に対応もしてまいりたいと考えております。
キャンセルポリシーは、JAM HOSTEL約款の基本ポリシーと各予約サイトでのポリシーは異なりますので
ご予約されたポリシーのご確認をお願い致します。
不安を感じられるお客様はお早目に申告とキャンセル手続きをお願い致します。

申告、キャンセル手続きはの意思確認は予約サイトへの連絡時間または
メールの着信時間で判定させて頂きます。
jamhostel226gmail.com

厚生労働省 コロナウイルス相談窓口
0120-565-653
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■ コロナウイルスに関係する特別キャンセルポリシーÅ並びにB(2月27日更新)

私達宿泊施設もお客様のご不安に出来る限り対応してまいりたいと考えております。
中国本土からのご予約で、かつチェックイン日が2020年3月31日までの予約に関しては特別キャンセルポリシーA
にて無料キャンセルの対象と考えておりますが事前申告が必要です。
航空会社の欠航運休の発表より48時間以内、または宿泊日(日本時間24:00)の48時間前までに申告をお願い致します。
日本国内(その他)からのご予約は特別キャンセルポリシーBにてキャンセル手続きを簡素化しております。
現状各予約サイトによってキャンセルポリシーが異なります。
宿泊日の168時間前、96時間前、72時間前、と多様な予約形態がありますが、今回はコロナウイルス特別キャンセルポリシーBとしまして
JAM HOSTEL通常予約(JAM HOSTEL約款)の宿泊日(日本時間深夜0時)72時間前までキャンセル可能としますので申告並びに
キャンセル手続きをお願い致します。
PS.【返金不可プラン】は返金出来ない条件のもとに特別割引となっておりますので特別キャンセルポリシーの対象となりません。

不安を感じられるお客様はお早目に申告とキャンセル手続きをお願い致します。
申告、キャンセル手続きはの意思確認は予約サイトへの連絡時間または
メールの着信時間で判定させて頂きます。
jamhostel226gmail.com

厚生労働省 コロナウイルス相談窓口
0120-565-653

JAM HOSTEL
Hakata Station Front
福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目17-22
phone
070-7528-6474